backtotop

Categories: ニキビ

にきび痕を乗り越えたいと思ったときにそのケア内容について悩んでる方は多いのではないでしょうか。

ここではにきび痕が生まれた際の適切な洗顔方法をご紹介していこうと思います

まず洗顔で意識することとしては、にきび痕がある状況ではできるかぎり肌に刺激をあたえないことです。

肌にクレーターができたり毛穴の開きがひどくなるとどうしてもナーバスになって顔を洗う手に力が入って、ごしごし洗ってしまうこともあるかと思います。

わたしも同じ経験があるのでわかりますが、でもそれはマイナスの効果しか生みません。

とりわけ、炎症が原因のにきび跡は刺激を与えるとシミや肌の凸凹として残ったりするリスクもあります。

具体的な洗顔方法として、洗顔料は固形の石鹸を泡立てネットなどの器具を使って十分に泡立ててから洗うのが良いでしょう。

十分な泡で肌を押すように…手と肌との間で摩擦が起きないように気を付けて優しく、かつ汚れを落とすようにしましょう。

また洗顔料はスクラブや配合成分など刺激が強いものが含まれているものは選ばないほうがいいでしょう。

できるだけ肌にやさしく、かつできれば保湿もできるものをえらび、肌を清潔に保ちつつもうるおいも十分な状態にしておきましょう。

毛穴黒ずみに効く洗顔ランキングならココ