backtotop

Categories: スキンケア

子供を産んでからか25歳を過ぎてからか、肌の質がガクッと目に見えて落ちていることに鏡を見て気が付きました。少し前まではこんなにくすんでいなかった、化粧のノリももっとよかったなど歳をとるにつれて思うことはたくさんあると思います。

特に子育て中だと自分のことには構っていられないし、もちろんかけるお金もありません。これはうちだけかも知れませんが。そんなときふとうちの祖母のことが目に浮かびました。うちの祖母は今年75になりますがその割にはとても肌が綺麗でシミもくすみもありません。ちなみに今まで顔に日焼け止めなんかも塗ったことがないようです。昔は化粧の前に顔を洗うことすらしていなかったという人です。それなのに、本当に綺麗な肌をしているのです。わたしも祖母もわりと大雑把な性格なのでどうやって肌の手入れをしているのか聞いてみたところ実に単純なものでした。まず、顔はとにかく泡立てた石鹸でよく洗うこと。そして保湿を常に忘れないこと。いろんな洗顔料が出ていますが、うちの祖母はずっと石鹸を使い続けています。そして安い化粧水でも乳液でも勿体ないと思わずにどっぷりつけること。これは朝も夜も化粧の前もだそうです。お金もかけられず大雑把な私や時間が無い世の中の女性の方でも簡単に出来る美容方法です。もちろん、体質もあるのかもしれません。そして言いたいことを何でもいうタイプですから、ストレスもたまらないのかもしれません。しかし実際に綺麗な肌をしている祖母をみてわたしも実践してシミやくすみのない70代を目指そうと思います。ウルウのセラミド効果がすスゴイです。赤ら顔や敏感肌用ってなってますが、普通のお肌にもスゴく浸透して良い感じです。