backtotop

Categories: ニキビ

多くの人の悩みである‘にきび’ができる原因は人それぞれです。直接的にはアクネ菌の繁殖であったり、毛穴が角質で詰まってしまうことが原因だとされていますが、ではアクネ菌が繁殖してしまう原因とは何かということ。

そもそもアクネ菌とは皮膚の常在菌であり、どんな人の肌にも普通に存在します。肌表面のバランスを正常に保つ働きを担っているので、アクネ菌を全て殺菌してしまうわけにはいかないんですね。

また、毛穴が角質で詰まってしまったり、皮脂の過剰分泌が起こる原因もちゃんとあったりするわけですね。そうしたにきびができる直接的な原因であるアクネ菌の増殖であったり、皮脂の過剰分泌が起こる原因というのが、人それぞれで違ってくるもので、体内バランス(ホルモンバランス)の乱れであったり、免疫低下だったりするわけですね。

ではそれら体内バランスの乱れや免疫低下がどうして起こるのかというと、それは睡眠不足であったり不規則な食生活、運動不足やストレスといった生活上のさまざまなことが原因となってくるわけですね。

どんな問題も原因を探すことが解決の第一歩だと思いますが、これら原因と結果を見ていくといろんなことが複雑に絡み合っていることがお分かりだと思います。

原因は必ずしも1つではありませんし、ひとっ飛びにこれが原因だと突き止めることは医師でも困難です。ゆえににきび治療は思い当たる原因を1つ1つ改善していくしか方法はないというわけですね。難しいものです。

そしてもちろん日頃からのスキンケアも大切になってきます。顔にできたにきびの場合には、日頃からの洗顔を徹底して余分な皮脂は毎日しっかり落として肌環境を良くすることがにきび治療には必要不可欠ですからね。使う洗顔料ももちろん自分に合った良いものを使っていかなければなりません。最近人気の「くろあわわ」を単品で注文する方も多いようですね。